お客さんを興奮させるための言葉責めの方法

SMクラブやオナクラなどで風俗バイトをしている女性であれば、マスターすることが求められるのが言葉責めです。言葉責めとは言葉だけでお客さんを気持ちよくしてしまうというものです。エッチをする時に自分からやるというのはほとんどないかもしれません。そのため、最初は戸惑う可能性がありますが、ここでどういうことに気をつけて行えばいいのかを学んでください。

お客さんのことをしっかりと観察する

言葉で責める時は言葉を発する時に赤面してしまうような言葉をや男性を詰るような言葉、命令口調の言葉などを使って行きます。どういう言葉を使えばテンションが上がるのか、また逆にテンションが下がるのかしっかりと観察し、その人に応じた効果的な言葉を使います。

言葉責めはお客さん一人一人の性格や好みによって使うべき言葉が違ってきます。そういう意味ではお客さんのことを早く理解したほうがいいです。お客さんとしてもこの風俗嬢と合っているかどうかという観点で選んでいきますので、気に入ればずっと指名が入る可能性が出てきます。

見たままの状況をいやらしく実況する

言葉責めが苦手というのであれば、その場の状況をいやらしく実況するようにするとやりやすいです。いやらしく実況するとだんだん興奮してくるでしょう。しっかりとお客さんの反応を観察しないと興奮どころか白けてしまったりします。アダルトビデオを見てこういう風に使うのかという観点で言葉責めを学ぶのも一つの手です。

言葉責めのレパートリーを増やす

言葉責めを使う時はワンパターンではなく、お客さんに応じた言葉を使うようにしましょう。そのためには、お客さんのことを観察したり、アダルトビデオを見たりしてレパートリーを増やしていきます。

関連する記事