風俗ではどういう人が働いているのか?

風俗バイトと言えば高収入が稼げる仕事の一つとして十分に知られています。高収入が稼げるということは仕事内容がきついということでもあります。性的サービスを提供するために体力的にも精神的にもきついものがあります。ここでは風俗でどういう人が働いているのかについて紹介します。

お金が必要ということに尽きる

風俗バイトをする理由としてエッチが好きだからという理由でやる人もいるかもしれませんが、彼氏以外の好きでもない人に対して性的サービスを行うことに抵抗がない人はいません。むしろ、お金のために仕方なくやっているというのが正直なところです。

風俗バイトをする理由で多いのは最終的にお金が必要だからという理由です。借金を返済しないといけないとか、ホストにはまってしまった、学費を賄わなければいけない、整形手術をするためにお金が必要、遊びたいためにお金が必要、家族のためにお金が必要などさまざまな理由がありますが、これらの全てにお金が結びついています。

本業と兼業している人も多い

風俗バイト一本でやっている人もいますが、デリヘルみたいな店舗を持たない業種の場合は深夜まで営業しているために、昼間の仕事と掛け持ちでやっている人も多いです。昼間は学生をやっていて夜間は風俗バイトをやるという人も普通にいます。風俗嬢と言えば派手な格好をしてブランド物を身に着けているという人が多いように感じますが、身なりから言うと普通の女性も多いです。

風俗ではお金が必要だから働いている人が多い

風俗バイトをやるとなるとお金は稼げますが、抵抗を感じるところもあります。しかし、お金を稼がないといけないとなるとそのハードルを越えて風俗バイトをする人が出てきます。風俗バイトなので兼業している人もたくさんいます。

関連する記事