体に負担をかけすぎないように正しい方法で加圧トレーニングを行いましょう

加圧トレーニングはしっかりとした知識で行いましょう。できるだけ専門的な人についてもらいましょう。 - 加圧トレーニング方法

加圧トレーニング方法

加圧トレーニングをしていました。両腕、両太ももに専用のベルトを巻き、空気を入れて腕と足がパンパンになり、脈を感じるような状態で筋トレをします。自分の体のどの部分に筋肉をつけたいか、それによって筋トレの個所を決めていきます。回数を重ねればいいということではなく、週1回あるいは週2回のペースで行うといいということです。加圧トレーニングはトレーナーとマンツーマンで空気の入り具合、血液の流れなどの確認をし、コンディションやトレーニング回数に合わせてコントロールをします。最初は上半身の腕から。圧を加えた後は、血液が流れるように手足のグーパーからスタート。そのあとは筋トレに入ります。各15分ずつ行いますが、筋トレメニューはその日ごとに変わっていきます。加圧なしでは楽々とできる筋トレも10回ほどでギブアップです。きついと感じるのがいいということです。

正しい加圧トレーニング方法を学ぼう

ytyjtd
きちんとした姿勢で筋トレをしなければ、している意味がないとも言われました。二の腕のトレーニングや背中のトレーニング15分をめどに腕のベルトをはずし、太ももの付け根にベルトを巻き、後半戦です。スクワットや足首、腹筋の筋トレをします。途中お水を飲むようにと言われます。終わった後は有酸素運動を最低30分行うと、ダイエット効果が出るそうです。トレーニング中は普段の生活習慣や食生活の話をし、不安を取り除いてくれたり、次の目標などマンツーマントレーニングならではのポジティブな気持ちになります。血流が良くなるせいか体が軽くなり、仕事後のトレーニングも行く前より疲労がかなり軽減されました。
加圧トレーニングは、体に大きな負担をかけなくても筋力をアップを目指せるなどの宣伝がされていますが、
加圧トレーニングには危険性も指摘されています。そこで、どんなことが危険性があるのかをさっそく紹介します。

加圧しすぎることによる危険性

 加圧トレーニングはやり方を誤るとかなり危険であるといわれています。加圧トレーニングは血流の流れを意図的に止めるようなことをするものです。
加圧しすぎて血流が流れすぎないと、体が一時的にしびれてしまったり、細胞や臓器にも悪影響を阿多合える危険性があるといわれています。加圧トレーニングでお腹痩せをしたいからと言って、無理は禁物です。
また、因果関係が立証されていないケースもあり研究が進んでいないため不確実ではありますが、加圧トレーニングによって死亡したり大きな障害を持ったりしてるのではと
言われているケースもあるので、十分に注意が必要なのです。

できる限り一人で行わず、専門家の方についてもらってやるといい

uyuopou
 加圧トレーニングは、素人がやるとやり勝ったを知らないためについきつく締めすぎてしまって体を悪くしているのではないかといわれています。
また、加圧トレーニングの危険性から医者の多くの反対しているというようなことも事実です。ですので、加圧トレーニングをやるというのであれば、一人では行わず
専門的な知識を持っている方と同伴で体に負担をかけすぎない方法で加圧トレーニングをした方がいいいと思われます。
体をよくするために、かえって体を悪くするようなことをせず、正しい方法で健康を整えるようにした方がいいのです。

加圧トレーニング方法

加圧トレーニング